Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハハコグサ

ハハコグサ (母子草)
Gnaphalium affinne
 ハハコグサは春の七草の一つで、道ばたなど生活に身近なところに生えます。牧野富太郎はその名前について、茎の綿毛や種子の冠毛が「ほおけだつ」ようすをかつて書き言葉で「ハハケル」と書いたことから、これが転化して「ははこ」となったものとしています。これに従うと「母子」は当て字ということになりますが、さて本当のところはどうでしょうか。この日、ゴルフ練習場だった芝地を通りがかると、すでに雑草が生い茂る草原となっており、ハハコグサが枯れ草の中から黄色の花をのばしていました。
■撮影地別
 ○東京都小金井市
 ○神奈川県藤沢市

クローズアップ

■群落
1996.5.19 東京都小金井市
            2005.5.1 神奈川県藤沢市
Before Plant   Next Plant