Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤマハハコ

ヤマハハコ (山母子)
Anaphalis margaritacea
 8月から9月にかけて、高原ではたくさんの花が咲きみだれる、いわゆる「お花畑」が現れます。マツムシソウヨツバヒヨドリとならび、その主役となる植物の一つがヤマハハコです。たくさんの黄色い小さな花をおおう総苞は白くてまるで花弁のようで、頭花それぞれが一つの花のように見えます。土壌が安定しないところを好み、崩壊地や道路の法面などにも積極的に進出します。写真のヤマハハコも、白山スーパー林道を岐阜県側にしばらく下ったあたりの法面に咲いていたものです。
■撮影地別
 ○岐阜県白川村
 ○石川県白山
 ○秋田県秋田駒ヶ岳

クローズアップ

群落
2001.8.19 岐阜県白川村
               2002.8.25 石川県白山 2006.9.8 山梨県鳳凰三山
Before Plant   Next Plant 2005.8.16 秋田県秋田駒ヶ岳