Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > フラサバソウ

フラサバソウ (フラサバ草)
Veronica hederaefolia
 おだやかに晴れあがった早春の休日、鎌倉市内にある広町緑地をたずねました。小さな沢ぞいの草地では、ホトケノザセイヨウタンポポが満開となっていました。オオイヌノフグリに似た花をつけた植物が目に入り、近づいてみると、葉や茎に生えた長い毛からフラサバソウとわかりました。ヨーロッパ原産の帰化植物で、花の大きさは近縁のオオイヌノフグリとタチイヌノフグリのちょうど中間くらいです。名前はこの植物を紹介したフランスの植物学者フランシェとサヴァチェを記念したものです。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

■群落
2005.3.26 神奈川県鎌倉市
            2005.3.26 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant