Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾタカネニガナ

エゾタカネニガナ (蝦夷高嶺苦菜)
Crepis gymnopus
 北海道の高山には、「一見するとよく似ているけれど、じつはちょっとちがう」という植物がけっこうあり、エゾコウゾリナのほか、エゾタカネニガナもそれに当たります。北海道の超塩基岩地に特産し、どうみてもニガナの仲間ですが、ニガナとちがって茎に葉はなく、株もとに根生葉がつくだけです。頭花のサイズは高山にも多いハナニガナより一回り大きく、直径2cmになります。アポイ岳では樹林下の登山道からぽつぽつ現れ、稜線ではエゾコウゾリナとともに黄色く彩るさまを見ることができます。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


クローズアップ

■群落
2009.7.5 北海道アポイ岳
            2009.7.5 北海道アポイ岳
Before Plant   Next Plant