Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > フタナミソウ

フタナミソウ (二並草)
Sorozonera rebunensis
 日本最北端の島・礼文島は花の島として知られ、数が多いだけでなく特産種がいくつもあるのが特徴です。フタナミソウもその一つで、学名の種小名を見ると礼文島の名前がついているのがわかります。花はタンポポのようですが、葉は細長く切れこみはありません。大きな花とコンパクトな草姿はいかにも高山植物らしく、乱獲により今やいちじるしく数を減らしています。小石まじりの草地の斜面で見つけたフタナミソウですが、望遠レンズでなんとか引きよせて撮影することができました。
■撮影地別
 ○北海道礼文島


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.6.18 北海道礼文島