Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > スズメノヤリ

スズメノヤリ (雀の槍)
Luzula capitata
 春の野に咲く花には、スズメノエンドウスズメノテッポウなど、名前に「スズメ」とつくものがいくつもあります。スズメノヤリもその一つで、小さな花が集まった高さ10〜30cmの黒い頭花を、大名行列のときに立てて使った「毛槍」にたとえ、スズメが使うのにちょうどよいくらいの大きさであることからついた名前です。イグサ科というと、畳の原料となるイ(いぐさ)ばかりが有名で、他はあまり知られていませんが、スズメノヤリは田のあぜや芝生のような明るいところで普通にみかける多年草です。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.4.16 神奈川県鎌倉市