Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > ゴウソ

ゴウソ (郷麻)
Cyperus maximowiczii
 ゴウソは休耕田や湿地でよく見かけるスゲで、大きな株立ちとなり、垂れさがった大きな雌花穂が印象的です。同じような環境に生えるスゲにアゼナルコがありますが、ゴウソのほうが雌花穂は太く、名前は漢字で「郷麻」だそうですが、「豪壮」をあてるのがむしろふさわしそうです。わたしが栃木県で観察したアゼナルコはトウサワトラノオとともに生えていましたが、ゴウソはどういうわけか、トウサワトラノオと近縁なサワトラノオと同じ湿地で目にしました。所変われば品変わるでしょうか。
■撮影地別
 ○静岡県富士市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2014.5.6 静岡県富士市