Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > アゼナルコ

アゼナルコ (畦鳴子)
Carex dimorpholepis
 トウサワトラノオの群生地は湿地になっているだけあって、このような環境を好むアゼナルコも生えていました。アゼナルコは水田のあぜや湿地に生えるスゲで、大きいものは高さ80cmになります。ナルコスゲと同じく株立ちになり、小穂がいくつもたれさがるようすを「鳴子」にたとえたものですが、小穂はナルコスゲのそれより長くて3〜6cmもあり、数も4〜6個と多くつきます。いちばん先につく頂小穂だけは先端部に雌花、その下に雄花がつき、それ以外の小穂はすべて雌花がつきます。
■撮影地別
 ○栃木県下野市


■クローズアップ

■群落
2013.5.21 栃木県下野市
       2013.5.21 栃木県下野市
Before Plant   Next Plant