Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > トウサワトラノオ

トウサワトラノオ (唐沢虎の尾)
Lysimachia candida
 白い花をつけるトラノオは、オカトラノオヌマトラノオをのぞけば希少なものが多く、なかでもトウサワトラノオは、栃木県と愛知県のごく一部から報告があるだけの種類です。栃木県では絶滅とされていましたが、水田のほ場整備のための調査時に、偶然再発見されたということです。繁殖力は旺盛だそうですので、地中にあった種子が掘り起こされて芽を出したのでしょう。サワトラノオに似ていますが、花冠の裂片がほっそりとしていて先端がとがることや、葯が黄色いことではっきり区別できます。
■撮影地別
 ○栃木県下野市


クローズアップ

群落
2013.5.21 栃木県下野市
            2013.5.21 栃木県下野市 2013.5.21 栃木県下野市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「トウサワトラノオ」