Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > サワトラノオ

サワトラノオ (沢虎の尾
Lysimachia leucantha
 オカトラノオ属のうち、白い花をつけるものについてみると、オカトラノオがもっとも一般的で、あとはヌマトラノオをのぞくと希少な種類ばかりです。サワトラノオはアシが生いしげる低湿地に生え、高さは40〜80cmになります。花序はオカトラノオとちがって直立し、花の数はヌマトラノオよりもはるかに多く、その数はおそらく100以上にもなるので、長いあいだ咲きつづけます。分布は本州から九州までと広いのですが、自生地は少なく、開発などによる生育環境の悪化でいちじるしく減少しています。
■撮影地別
 ○静岡県静岡市
 ○埼玉県

クローズアップ

群落
2014.5.6 静岡県静岡市
                 2008.5.23 埼玉県 2008.5.23 埼玉県
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「サワトラノオ」