Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > カワラスゲ

カワラスゲ (河原菅)
Cyperus incisa
 姫木平のスキー場から歩きはじめると、冬にはゲレンデとなる草地ではオオヤマフスマシロスミレが咲きだし、カワラスゲがところどころで小穂をのばしているのが目に入りました。図鑑には、カワラスゲは河原や谷でふつうとありますが、わたしはこれまで見る機会がなく、5cm前後にもなる長い小穂をたくさんたれ下げたようすから、カワラスゲと見当をつけることができました。匐枝を広げて栄養繁殖するため、ここでもパッチ状の群落となっていました。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.6.24 長野県霧ヶ峰