Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ユキワリイチゲ

ユキワリイチゲ (雪割一華)
Anemone keiskeana
 低山に生えるイチリンソウの仲間は、北海道から九州までいくつもの種類が見られますが、近畿以西の本州、四国、そして九州と、その中でもっとも西に分布するのがユキワリイチゲです。この仲間として大きく、直径3cmほどもある花は、花弁のように見える萼片が細めで数が多く、地域によって赤っぽいものや、いくぶん青みがかったものなどさまざまです。十分に陽がささないと花が開いてくれないところも、この仲間ではトップクラスです。ちょっとミツバを思わせる暗緑色の葉は冬も枯れずに残ります。
■撮影地別
 ○島根県川本町
 ○愛媛県四国中央市

クローズアップ

■群落
2008.3.22 島根県川本町
        2010.4.4 愛媛県四国中央市    2008.3.22 島根県川本町
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「ユキワリイチゲ」
“特選”Photo Gallery「ユキワリイチゲ」