Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒメイチゲ

ヒメイチゲ (姫一華)
Anemmone debilis
 ヒメイチゲは山地から高山までさまざまな環境に生える植物で、例えば尾瀬では雪解け直後の日当たりのよい湿原で見られますし、標高3千m級の高山の稜線に生えたハイマツの下にも現れたりしますが、もっとも普通に見られるのは落葉広葉樹や針葉樹の林床のようです。日本産のアネモネの仲間ではもっとも小型で、花の直径はわずか1cmほどです。この日、シラネアオイなどを見つつ登った夕張岳の冷水コースでは、チシマザサの株もとでヒメイチゲがいくつかまとまって花を咲かせていました。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2000.6.4 北海道夕張岳