Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > イチリンソウ

イチリンソウ (一輪草)
Anemone nikoensis
 この仲間でもっともポピュラーなニリンソウに比べると、イチリンソウは高さ30cmほどとずっと大きく、ニリンソウの倍ほどもある花を名前のとおり一つだけつけます。当時のわたしの自宅近くにはイチリンソウの群生地があって、毎年4月になるとカメラを抱えて撮影に出かけるのが習慣になっていました。先日、久しぶりにその場所を通ると、残念ながら前よりも数が少なくなったようでした。盗掘されたというのではなく、日当たりや地下水位など自然環境の変化により、この場所は衰退傾向にあるようです。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○東京都清瀬市
 ○東京都小平市

クローズアップ

■群落
2004.5.5 東京都高尾山
        2006.4.18 東京都清瀬市    1996.4.14 東京都小平市
Before Plant   Next Plant