Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミツバ

ミツバ (三葉)
Cryptotaenia japonica
 ミツバは鍋や雑炊に欠かせない香りづけの野菜です。江戸時代から栽培されてきたといいますが、野生のものはもっと古くから利用されてきたことでしょう。食用に向くのはまだやわらかい春の若葉ですが、現在では水耕栽培により周年出荷されて食卓にのぼります。特徴的な葉と違って花はあまりなじみがありませんが、それもそのはず、真夏のころ薄暗い林縁で咲くため、なかなか花にまで目がいきません。同じ日本在来の野菜でも、セリと異なって花つきはまばらでいたって地味です。
■撮影地別
 ○東京都小平市
 ○茨城県つくば市

クローズアップ

■群落
1993.7.2 東京都小平市
        2010.7.7 茨城県つくば市   
Before Plant   Next Plant