Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > トウノウネコノメ

トウノウネコノメ (東濃猫の目)
Chrysosplenium pseudopilosum
var. pseudopilosum
 トウノウネコノメは1999年に報告されたネコノメソウで、それまではコガネネコノメソウと区別されずにいたようです。黄緑色で鐘状の萼片や、萼片より上に飛びだす雄しべは、むしろキバナハナネコノメを思わせますが、萼片とその下に位置する萼筒の長さがほぼ同じ(つまり萼片が短い)という特徴があり、どのネコノメソウとも異なることから新種とされました。名前は岐阜県東南部で見つかったことから、南部の旧国名である美濃から「東濃」とつけられたもので、愛知県や長野県の一部からも知られます。
■撮影地別
 ○愛知県瀬戸市


クローズアップ

群落
2010.3.14 愛知県瀬戸市
        2010.3.14 愛知県瀬戸市 2010.3.14 愛知県瀬戸市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「トウノウネコノメ」