Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ネコノメソウ

ネコノメソウ (猫の目草)
Chrysosplenium grayanum
 ネコノメソウの仲間は、水がしみ出すような場所に生えるグループで、地域ごとにさまざまな種類が分布しています。ネコノメソウはこの仲間ではもっとも分布が広く、また平地から深山まで見られます。雪国の春の花を求めて初めて訪れた佐渡島では、両津港からほど近い山あいを散策したあと、帰り道、雪融け水を水田まで運ぶ用水路に沿って歩いていると、ネコノメソウが一面に群生しているのに出会いました。近縁種はたくさんありますが、ネコノメソウは雄しべが4つあるのがわかりやすい特徴です。
■撮影地別
 ○愛知県岡崎市
 ○新潟県長岡市
 ○新潟県佐渡島

クローズアップ

群落
2013.4.14 愛知県岡崎市
           2007.5.3 新潟県長岡市 1994.4.30 新潟県佐渡島
Before Plant   Next Plant