Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コガネネコノメソウ

コガネネコノメソウ (黄金猫の目草)
Chrysosplenium pilosum
 小鹿野町は埼玉県の秩父地方の町です。暖かい春の一日、小鹿野町の県境にある低山を散策しました。林道から枝分かれした山道を進むと、シロバナエンレイソウフイリヒナスミレなどが現れ、つづいて目に入ったのがコガネネコノメソウの群生でした。コガネネコノメソウは黄色の花が特徴のネコノメソウで、どちらかといえば地味なものの多いネコノメソウの中では花がよく目立つ種類です。低山では湿り気のあるところで普通に見られますが、深山や標高の高いところにはあまり分布しないようです。
■撮影地別
 ○埼玉県小鹿野町
 ○静岡県富士山

クローズアップ

■群落
1997.4.29 埼玉県小鹿野町
        2007.4.1 静岡県富士山   
Before Plant   Next Plant