Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シロスミレ

シロスミレ (白菫)
Viola patrinii
 サクラスミレとならび、本州中部の高原を代表するスミレがシロスミレです。冷涼な気候を好むスミレで、その本拠は大陸にあり、日本では高温多雨の気候をさけるように本州の高原と北海道に分布しています。細長い葉をつけるスミレは他にスミレアリアケスミレがありますが、これらに比べると花は小さめで数も少なく、全体に繊細な印象です。諏訪湖から北を望むと、ドーム状に盛りあがって見える霧ヶ峰にはシロスミレが多く、注意してみると、唇弁の紫条がない完全な白花もみられます。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰
 ○長野県菅平

クローズアップ

■群落
1993.6.25 長野県霧ヶ峰
          2004.6.20 長野県菅平
Before Plant   Next Plant