Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サクラスミレ

サクラスミレ (桜菫)
Viola hirtipes
 サクラスミレは日本に分布するスミレの中で、もっとも大きな花をつけるものの一つです。本州中部では高原の草地などに生え、5〜6月頃に青紫色の花を咲かせます。花は名前のような桜色ではありませんが、花弁の先端はスミレの仲間ではめずらしく、2裂するものも多く、そのようすと大きな花がサクラを連想させることからついた名前のようです。八ヶ岳東麓を散策していると、登山道沿いのカラマツ林の林縁の明るい場所に咲くサクラスミレに出会いました。
■撮影地別
 ○山梨県大泉村
 ○長野県松本市

クローズアップ

■群落
1996.6.2 山梨県大泉村
2003.6.8 長野県松本市
Before Plant   Next Plant