Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ホソバシロスミレ

ホソバシロスミレ (細葉白菫)
Viola patrinii var. angustifolia
 鉢伏高原は氷ノ山・鉢伏山の中腹に広がる高原で、関西から多くの人がハイキングやスキーに訪れます。ここでは野焼きにより草原が維持されており、さまざまな草原性の植物が見られます。前日現地入りして車中で朝を迎えると、この日は快晴、氷ノ山や鉢伏山を間近に一望できました。身支度もそこそこに周辺を散策していると、ホソバシロスミレを見つけることができました。ホソバシロスミレは西日本の高原で見られるシロスミレの変種で、母種に比べ全体に小型で花数も少なく、繊細な印象です。
■撮影地別
 ○兵庫県鉢伏高原


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.5.26 兵庫県鉢伏高原