Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オオヤマオダマキ

オオヤマオダマキ (大山苧環)
Aquilegia buergeriana var. oxysepala
 ヤマオダマキには花弁が5枚あり、花弁の先端は幅広でクリーム色をしているのに対し、つけねのほうには細長くのびた紅紫色の距があります。距の先は丸くなっていて、どこかピエロの帽子のようです。ヤマオダマキの分布域ではこの距の先端がクルリと曲がるものがときおり現れ、変種レベルで区別されてオオヤマオダマキと呼ばれます。名前は「大」だから花や全体が大きいかというと、そういうわけではなさそうで、オオツガザクラと同じく、母種と区別するため便宜的につけられた名前かもしれません。
■撮影地別
 ○長野県戸隠山


クローズアップ

■群落
2007.6.23 長野県戸隠山
        2007.6.23 長野県戸隠山  
Before Plant   Next Plant