Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ナルカミスミレ

ナルカミスミレ (鳴神菫)
Viola eizanensis f. leucantha
 群馬県の東部にある鳴神山は、カッコソウやヒイラギソウなどめずらしい植物が自生することで知られています。東京方面からでは交通の便が悪く、車でも高速道路を降りてからかなり時間がかかるところです。ここでは、エイザンスミレの単葉型であるヒトツバエゾスミレも普通に見ることができます。よく探すと花の色が白いものもあり、発見の地である鳴神山の名前をとってナルカミスミレと呼ばれています。唇弁のすじも消えた真っ白な花は少なく、多くは写真のようにわずかに桃色がかっています。
■撮影地別
 ○群馬県鳴神山


クローズアップ

■群落
1996.4.29 群馬県鳴神山
        2010.5.9 群馬県鳴神山   
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「ナルカミスミレ」