Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒトツバエゾスミレ

ヒトツバエゾスミレ (一葉蝦夷菫)
Viola eizanensis var. simplicifolia
 群馬県から栃木県にかけての低山を歩いていると、変わったかたちの葉をつけたエイザンスミレを見かけることがあります。普通のエイザンスミレは、葉がつけねまで細かく切れこんだ、複葉と呼ばれる葉をつけますが、このあたりのエイザンスミレには切れこみの数が少ないものや、中にはまったく切れこまない単葉のものもあり、ヒトツバエゾスミレと名づけられています。数が多いのは群馬・栃木の県境周辺ですが、北アルプスの白馬岳山麓など各地からも知られています。
■撮影地別
 ○群馬県鳴神山


クローズアップ

■群落
1996.4.29 群馬県鳴神山
           2015.4.19 群馬県鳴神山 2015.4.19 群馬県鳴神山
Before Plant   Next Plant