Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エイザンスミレ

エイザンスミレ (叡山菫) Viola eizanensis
 日本に分布する細かく裂けた葉を持つスミレのうち、もっとも普通に見られるのがエイザンスミレです。山地の樹林下が主な生育環境で、大きめの花をつけ、花弁の周辺部が波打つのが特徴です。花の色は淡紅色が普通ですが、濃紅色や白に近いものも見られます。基部で3つに分かれる葉は、花期はさらに細かく裂けますが、果実期にはずっと大型になって、細かく裂けなくなります。花期から果実期と同じかたちの葉をつけるものもあり、ヒトツバエゾスミレとの中間型と見ることもできます。 ■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○山梨県三ツ峠山
 ○埼玉県小鹿野町

クローズアップ

■群落
     1995.4.22 東京都高尾山
 
          2003.4.29 山梨県三ツ峠山 1997.4.25 埼玉県小鹿野町
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「エイザンスミレ」