Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ナガバノモウセンゴケ

ナガバノモウセンゴケ (長葉の毛氈苔)
Dosera anglica
 北極をとりまくようにして、北半球の高緯度地域に広く分布するナガバノモウセンゴケですが、日本では北海道に分布するのはわかるとして、なぜか遠くはなれた尾瀬にも隔離分布しています。どうやら寒冷期に南下したものが取りのこされたものらしく、尾瀬に分布するおなじような植物として、チシマウスバスミレなどがあげられます。モウセンゴケに近縁の食虫植物で、腺毛が密生した葉につかまえられた昆虫は、細長い葉に巻きこまれてしまい、逃げるにも逃げられなくなってしまいます。
■撮影地別
 ○福島県尾瀬ヶ原
 ○群馬県尾瀬ヶ原

■クローズアップ

群落
1995.8.6 福島県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant        2007.8.5 群馬県尾瀬ヶ原