Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サジバモウセンゴケ

サジバモウセンゴケ (匙葉毛氈苔)
Dosera x obovata
 夏の尾瀬ヶ原を歩くと、木道の左右にたくさんのモウセンゴケが生えているのに気づきます。モウセンゴケもありますが、葉が大きく、上向きにつくナガバノモウセンゴケがとりわけ目立ちます。注意すれば、両種の雑種であるサジバモウセンゴケも見つかるでしょう。丸い葉を持つモウセンゴケと、細長い葉のナガバノモウセンゴケの中間ということで「匙(さじ)」にたとえた名前があります。このときはくもっていたせいか、花には早かったのか、目にしたサジバモウセンゴケは花を閉じたものばかりでした。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.7.24 群馬県尾瀬ヶ原