Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ (深山傍食)
Oxalis griffithii
 入広瀬村の大自然館から歩きはじめて林道を登っていくにつれて、ユキツバキの濃い色の葉や針葉樹をのぞけば、緑はすっかりすくなくなり、急に冬に逆もどりしたようでした。それでも足元に目をやると、ところどころではエゾエンゴサクフイリミヤマスミレが咲きはじめ、春の気配も感じられました。ミヤマカタバミもこのとき咲いていた花の一つで、花茎や葉柄に毛が密生するのが特徴です。コミヤマカタバミにくらべると、花の色は白い近く、葉は厚手で光沢があるのが特徴です。
■撮影地別
 ○新潟県入広瀬村
 ○大阪府金剛山

クローズアップ

■群落
1999.5.15 新潟県入広瀬村
        2007.4.21 大阪府金剛山   
Before Plant   Next Plant