Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マルミノウルシ

マルミノウルシ (丸実野漆)
Euphorbia ebracteolata
 トウダイグサイワタイゲキをはじめ、この仲間には春早く花をつけるものも多いのですが、マルミノウルシはとりわけ開花が早く、3月にはもう満開になります。ノウルシの果実にはいぼ状の突起が密生するのに対し、マルミノウルシはそのような突起を持たないためこの名がありますが、川辺の湿地の群生するノウルシとちがい、マルミノウルシは明るい林下などに生え、生育環境も大きく異なります。北海道と本州の関東地方以北に分布するものの、やや隔離的に自生地は点在し、数は多くありません。
■撮影地別
 ○埼玉県秩父市


クローズアップ

■群落
2009.3.3 埼玉県秩父市
       2009.3.3 埼玉県秩父市
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「マルミノウルシ」