Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ケスハマソウ

ケスハマソウ (毛州浜草)
Hepatica nobilis var. japonica
f. pubescens
 山すそではヤマザクラが満開となり、すっかり春らしいふんいきでしたが、県境の山めざして上がるにつれ、季節は少しずつ逆戻りしました。枯葉の積もった樹林下を散策すると、ケスハマソウが遠慮がちに花を着けているのが見つかりました。山上は少し前まで雲がかかっていたらしく、どれも花は閉じぎみです。ケスハマソウはミスミソウの品種で中国・四国地方に分布し、染色体数は2n=28の4倍体なのが母種とのちがいとなるほか、葉柄や花柄に毛が生えるのも、倍数体ではよく見られる特徴です。
■撮影地別
 ○徳島県美馬市


クローズアップ

■群落
2008.4.8 徳島県美馬市
       2008.4.8 徳島県美馬市
Before Plant   Next Plant