Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > スハマソウ

スハマソウ (洲浜草)
Hepatica nobilis var. japonica f. variegata
 スハマソウはミスミソウの品種の1つで、3つに分かれる葉の先がミスミソウとちがってとがらないのが特徴です。曲線になって州が出入りする浜を「州浜」というそうですが、どうしてこんな名前がと思い調べたら、「州浜」という紋所があってスハマソウの葉にそっくりな形なのです。スハマソウにこの名前がつけられたころはまだ、家紋が身近な存在だったのでしょう。このときは千葉県の低山で目にしましたが、「千葉県レッドデータブック」によると、千葉県に分布するのはスハマソウだそうです。
■撮影地別
 ○千葉県


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.3.20 千葉県