Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ミスミソウ

ミスミソウ (三角草)
Hepatica nobilis var. japonica
 春まだ浅い3月、山梨県までミスミソウの撮影に出かけました。アブラチャンの黄色い花が咲きはじめた落葉樹林の林床を歩くと、直径1cmほどの白い花をつけたミスミソウが見つかりました。ミスミソウは本州と四国の山地に生え、春先に咲くキンポウゲ科の植物では唯一常緑の葉をつけます。花弁のように見える萼には細いものや幅広いものがあり、色も白や淡桃色などさまざまなことから、園芸植物としても珍重されています。これがわざわいして盗掘されることが多く、各地で減少傾向です。
■撮影地別
 ○山梨県甲府市
 ○神奈川県丹沢
 ○三重県いなべ市

クローズアップ

■群落
1996.3.23 山梨県甲府市
        2008.3.29 神奈川県丹沢    2008.3.20 三重県いなべ市
Before Plant   Next Plant