Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > キクザキイチゲ

キクザキイチゲ (菊咲一花)
Anemone pseudo-altaica
 キクザキイチゲは北海道から近畿にかけて、低山や深山に広く分布するアネモネの仲間ですが、その本拠は日本海側にあるとみえ、関東地方など太平洋側では、目につくのは葉ばかりで花はちらほら、といったことが多いようです。これに対し、日本海側の雪どけあとの斜面ではしばしば一面の群生となり、花色も白だけでなく淡紫色、濃紫色とさまざまで、このあたりが遺伝的多様性に富んだ地域と感じさせます。花弁のように見える萼片は10枚前後と多く、天気のよいときだけきれいに開きます。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○新潟県新潟市

クローズアップ

■群落
2001.4.14 石川県金沢市
         2016.3.27 新潟県新潟市 2016.3.27 新潟県新潟市
Before Plant   Next Plant