Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > カナムグラ

カナムグラ (鉄葎)
Humulus japonicus
 カナムグラはアカネヤブガラシなどとともに、やぶを構成するつる植物の一つです。つる植物はさまざまな方法で他の植物などにつかまってのびていきますが、カナムグラの場合は、ヤブガラシのように巻きひげがからみつくのではなく、茎や葉柄に密生した細かな曲がったトゲでまわりの植物などにはりついていきます。雌雄異株の1年草で、写真の雄株は上に向いて黄色い葯がめだつ花を花序にいくつもつけますが、雌株の花序は松かさのようなかたちをしていて下向きにたれさがります。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○神奈川県三浦市

クローズアップ

■群落
2004.10.24 神奈川県鎌倉市
        2013.9.30 神奈川県三浦市   
Before Plant   Next Plant