Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アカネ

アカネ (茜)
Rubia akane
 アカネはアイやムラサキとならんで、古くから植物由来の染料として用いられてきたものの一つですが、名前こそなじみ深くても、実際にどんな植物かはあまり知られていないようです。アカネは山野に生えるつる性の植物で、他の植物にからみついてひろがり、夏から秋にかけて白い花をたくさん咲かせます。アカネの根から採れるアリザリンという色素によって衣服を赤く染めることができますが、今ではこの色素を化学合成できるようになったため、草木染めで利用される程度となってしまいました。
■撮影地別
 ○神奈川県箱根町


クローズアップ

■群落
2004.9.11 神奈川県箱根町
            2004.9.11 神奈川県箱根町
Before Plant   Next Plant