Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フウロケマン

フウロケマン (風露華鬘)
Corydalis pallida
 キケマン属には、ムラサキケマンのように紫色の花をつけるものと、キケマンをはじめとして黄色の花をつけるものがあります。この仲間で山地に生えるものといえば、西日本ではフウロケマンがまず該当します。早いものは3月に咲きはじめ、まだ枯れ葉の多い林床ではレモンイエローの花はよくめだちます。5月上旬、初めてたずねた英彦山(1,199m)では、山頂付近でもフウロケマンやシハイスミレが咲きはじめており、関東地方にくらべると花が咲くのが早いことを実感しました。
■撮影地別
 ○福岡県英彦山
 ○徳島県三好市
 ○長崎県長崎市

クローズアップ

群落
1999.5.2 福岡県英彦山
2014.4.28 徳島県三好市 2017.4.16 長崎市長崎市
Before Plant   Next Plant