Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒメイワタデ

ヒメイワタデ (姫岩蓼)
Polygonum ajanense
 大雪山はキバナシャクナゲエゾノツガザクラなど単一の植物の群落がめだちますが、一方で本州にくらべるとタデ科の植物の数が少なく、あまり大きな群落を見かけないように感じます。そのかわり、本州には分布しないヒメイワタデなどの植物も見られます。全体にコンパクトで、葉はヤナギのように細く、本州の高山のタデ科植物にはちょっとない特徴をそなえています。北海道から北東アジアにかけて分布し、名前のとおり岩場や砂礫地に生えることが多いようです。
■撮影地別
 ○北海道大雪山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1999.7.18 北海道大雪山