Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾタチカタバミ

エゾタチカタバミ (蝦夷立傍食)
Oxalis fontana
 カタバミの仲間は人里周辺に生えるものと、もっぱら山地をすみかにするもののに分かれますが、後者にはその代表とも言えるミヤマカタバミコミヤマカタバミのほか、やや知名度の低いものにエゾタチカタバミがあります。山地にはカタバミが立ち上がるタイプのタチカタバミもあるので注意が必要ですが、葉のふちだけでなく表面にも毛があり、葉柄のつけねにある托葉が小さく目立たないことが区別点とされます。また、花の数が少なく、カタバミとちがって成熟しても果実がたれ下がらないのも特徴です。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬


クローズアップ

■群落
2007.8.5 群馬県尾瀬
         2007.8.5 群馬県尾瀬
Before Plant   Next Plant