Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アカカタバミ

アカカタバミ (赤傍食)
Oxalis corniculata f. rubrifolia
 アカカタバミはカタバミの変種で、葉や花の形はカタバミと変わりませんが、葉は濃紅紫色に染まり、花の中心部に赤い輪が入るのが特徴です。また花の色もカタバミよりもやや濃い黄色となるようです。アカカタバミが生えるのはコンクリートのすきまや砂利道などで、カタバミが乾燥・高温となりやすい環境に適応したものといえそうです。このような環境に生える植物が赤色化する例はほかにもみられ、乾燥への適応と細胞内の液胞への赤色系色素の蓄積には何らかの関係があるのかもしれません。
■撮影地別
 ○東京都武蔵村山市
 ○神奈川県藤沢市
 ○神奈川県鎌倉市(八重咲き)

クローズアップ

■群落
2000.4.27 東京都昭島市
        2005.5.1 神奈川県藤沢市    2005.5.8 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant