Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾオトギリ

エゾオトギリ (蝦夷弟切)
Hypericum yezoense
 オトギリソウ属もマンテマ属と同じく岩場と相性がよいらしく、高山に生えるイワオトギリもそうですし、丹沢で見かけたクロテンコオトギリは岩壁からたれ下がって生えていました。エゾオトギリは北海道の固有種で、岩場であれば山にも海岸にもあり、あまり場所は選ばないようです。オトギリソウの葉よりも幅が広く、つけねはやや茎を抱くほか、茎に「稜」と呼ばれるふくらんだ細いすじが入るのが特徴です。よく分枝するといいますが、撮影したものは岩場のてっぺんでスッと茎をのばしていました。
■撮影地別
 ○北海道札幌市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2009.7.5 北海道札幌市