Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オトギリソウ

オトギリソウ (弟切草)
Hypericum erectum
 オトギリソウはオトギリソウ科を代表する植物で、低山から亜高山にかけて生え、明るい草原などで見られます。この仲間の花弁や葉の縁には、明点・黒点と呼ばれる小さな丸い点があり、その場所や数の多少が同定のポイントになります。写真では明点・黒点を確認するのはむずかしいので、その場できちんと確認することが大切です。大きなものでは高さ50cmほどになりますが、上越国境の三国山の頂上付近では、吹きつける強い風のせいか、その半分ほどになったものをみかけました。
■撮影地別
 ○群馬県三国山
 ○山梨県乙女高原

クローズアップ

■群落
2003.8.24 群馬県三国山
        2010.7.25 山梨県乙女高原   
Before Plant   Next Plant