Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アカヒダボタン

アカヒダボタン (赤飛騨牡丹)
Chrysosplenium nagasei
var. porphyranthes
 「ヒダボタン」と名のつく3種類のネコノメソウをたずねて、岐阜県の山間部まで足をのばしました。地図をたよりにネコノメソウが生えていそうな谷をめぐるうち、まず現れたのがヒメヒダボタンとアカヒダボタンです。アカヒダボタンは苞や花色はボタンネコノメソウに似ているという印象ですが、長い雄しべや染色体の特徴はヒダボタンに近縁であることを示し、その変種とされます。萼が赤褐色で花がヒメヒダボタンよりさらに小さいのが特徴で、伊吹山周辺のほか、鈴鹿山地と養老山地から知られています。
■撮影地別
 ○岐阜県揖斐川町


クローズアップ

■群落
2012.4.22 岐阜県揖斐川町
        2012.4.22 岐阜県揖斐川町   
Before Plant   Next Plant