Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ホクリクネコノメソウ

ホクリクネコノメソウ (北陸猫の目草)
Chrysosplenium fauriei
 金沢への引っ越しが終わった翌週、市の中心部からも見える低山へとさっそく足を向けました。関東地方にはない、日本海側特有の植物がきっと咲いているはず、と期待して歩きはじめると、さっそく現れたのがホクリクネコノメでした。島根県以北の主に日本海側に分布するネコノメソウで、中国山地では蒜山周辺など岡山県側まで広がっています。茎の先端につく苞葉は黄色く、ハボタンのように全体で一つの花のように見えます。このあたりでは数は多く、林道や沢ぞいで普通に見られます。
■撮影地別
 ○石川県金沢市
 ○岡山県朝鍋鷲ガ山

■クローズアップ

群落
2001.4.14 石川県金沢市
       2002.4.30 岡山県朝鍋鷲ガ山   
Before Plant   Next Plant