Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒダボタン

ヒダボタン (飛騨牡丹)
Chrysosplenium nagasei var. nagasei
 ヒダボタンは1995年に発表された新種で、ボタンネコノメソウと同一視されていましたが、葯が赤く、雄しべがボタンネコノメソウより長いこと、萼片が黄色いこと、さらに付随体を持つ染色体が1対あることから別種とされました。ホクリクネコノメにも似ていますが、雄しべはホクリクネコノメより短く、萼片の外に飛び出ないことで区別できます。ボタンネコノメソウとホクリクネコノメの分布域をはさむように、岐阜・三重両県と中国地方から知られ、以上の特徴から雑種起源の可能性が考えられています。
■撮影地別
 ○岐阜県関市


クローズアップ

■群落
2012.4.22 岐阜県関市
        2012.4.22 岐阜県関市   
Before Plant   Next Plant