Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤマルリトラノオ

ヤマルリトラノオ (山瑠璃虎の尾)
Pseudolysimachion ovatum
ssp. miyabei var. japonicum
 クワガタソウ属のうちルリトラノオミヤマクワガタの仲間は、最近ではルリトラノオ属として独立させるのが主流になりつつあります。これらのうち、ヤマルリトラノオは北海道や東北地方に分布するエゾルリトラノオの変種で、東北地方から近畿地方にかけての日本海側で見られます。やはり本州に分布する別種のヒメトラノオにくらべると、葉柄が長いのがわかりやすい区別点です。山地から亜高山帯の草地に生え、白馬岳では大出原から猿倉へと下る途中で見ることができます。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳
 ○北海道大平山

クローズアップ

群落
2007.8.18 長野県白馬岳
            2007.8.18 長野県白馬岳 2007.8.18 長野県白馬岳
Before Plant   Next Plant 2013.8.4 北海道大平山