Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ツワブキ

ツワブキ (石蕗)
Farfugium japonicum
 ツワブキは海岸の草地や林縁に生え、晩秋から冬にかけて花をつける植物で、日本海側では石川県以南に、太平洋側では福島県以南に分布します。その名前は、葉がフキによく似て光沢があることからついたものですが、花の地味なフキとは全く異なり、かがやくような明るい黄色の大輪の花をいくつも咲かせます。三浦半島や伊豆半島あたりでは11月中旬ごろに満開になるツワブキですが、鹿児島県の野間岬では12月に入ってもまだたくさんの花を見ることができました。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市
 ○鹿児島県笠沙町

クローズアップ

■群落
2000.11.12 神奈川県横須賀市
             2002.12.8 鹿児島県笠沙町
Before Plant   Next Plant 表紙によせて「ツワブキ」
“特選”Photo Gallery「ツワブキ」