Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > フキ

フキ (蕗)
Petasites japonicus
 フキは私たちにとって身近な植物の一つです。春先になると人里周辺や川の土手などでみられる「ふきのとう」は山菜としてよく利用されます。花が終わると腎円形の大きな葉を広げて一面生い茂ります。フキは雌雄異株で、雌株は糸のように細い雌しべがたくさんつき、頭花が白っぽく見えるのに対して、雄株は棍棒状の雄しべが長くつきだして頭花が黄色に見えるため、遠くから見ても雄株か雌株かだいたい見当がつきます。3月下旬、自宅近くの雑木林を訪ねると、ぽつぽつとフキが花をつけていました。
■撮影地別
 ○石川県金沢市(雌花)
 ○神奈川県鎌倉市

クローズアップ(雌花)

群落
2001.4.21 石川県金沢市
            2003.3.23 神奈川県鎌倉市 2007.3.20 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant