Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > トダイハハコ

トダイハハコ (戸台母子)
Anaphalis sinica var. pernivea
 南アルプス北部の登山基地といえば、山梨県では旧芦安村の広河原がそうであるのに対し、西側の長野県では長谷村の戸台が当たります。トダイハハコの名前は戸台の近くで見つかったことに由来し、母種のヤハズハハコに比べると、カワラウスユキソウと同様に、白い毛が全体に密生して白っぽく見えるのが特徴です。このあたりの特産ですが、「レッドデータプランツ」(山と渓谷社)によれば、このような特徴を持つヤハズハハコはほかでも見られ、地域性を考慮しないと区別は難しいとしています。
■撮影地別
 ○長野県長谷村


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.20 長野県長谷村