Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クリヤマハハコ

クリヤマハハコ (栗山母子)
Anaphalis sinica var. viscosissima
 関東地方北部の山地には、ヤハズハハコの変種に当たるクリヤマハハコが分布します。生育環境は母種と同じく乾燥しがちな岩場で、密生する綿毛で葉を包むことで乾燥を防いでいます。また、ひょっとすると、霧が深いときは、空中の水蒸気を水滴にすることで、株元に水分を供給できるようになっているのかもしれません。ヤハズハハコの綿毛には、白と黄緑色の2種類の毛がありますが、クリヤマハハコは白い毛が少なく、黄緑色の毛がめだつため、綿毛が全体に黄緑色に見えるのが特徴です。
■撮影地別
 ○群馬県妙義山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.8.19 群馬県妙義山