Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > カワラウスユキソウ

カワラウスユキソウ (河原薄雪草)
Leontopodium japonicum
var. perniveum
 カワラウスユキソウはウスユキソウの変種の1つで、南アルプスの一部地域の石灰岩が多い河原周辺に分布します。母種では頭花がかたまってつき、苞葉とあわさってあたかも1つの花を思わせますが、カワラウスユキソウの場合は頭花に長い柄があって、花序が広がってしまうため、とても花には見えません。株もとから多数の茎がのびて叢生することや、植物体に毛が多く、全体が白っぽく見えることも特徴となっています。現地でも数は決して多くなく、環境が変わればなくなるのではないかと心配です。
■撮影地別
 ○長野県長谷村


クローズアップ

■群落
2006.8.20 長野県長谷村
           2006.8.20 長野県長谷村
Before Plant   Next Plant